とっても気になるガジェット

409グラムで10時間駆動:“Windowsの呪縛”から逃れた超小型マシン――シャープ「NetWalker」に迫る (1/3) – ITmedia +D PC USER
ネットのみ使うにしてもちょっとパフォーマンスがきついか、YouTubeやニコ動もきついんじゃ微妙かな。
でも、いじくるガジェットとしては興味がある。
Ubuntu積んでて、ゼロスピンドルで、液晶もWSVGAと今発売されているよくあるネットブックの液晶サイズと変わらない。
大きさも下手すりゃポッケに入るくらいの大きさだし、重量も500グラムときて、さらに駆動時間が12時間、実働時間半分としても6時間は動くわけだ。
値段がまだワカランから何ともいえないが、いじくるにはおもしろいガジェットだなあとものすごく興味がわいたw
ARM系のCPUなんで、x86とは異なることから、使えるアプリケーションもそれようのものが必要になるわけだけど、それを考えても遊べそう。
お仕着せWindowsとはちょっと違うところがあるしね。
価格次第だなあ…といいつつ、いまのEeeでも妥協して使ってるところがあるから、買ってもすぐにお蔵入りってなりそうな気もしないではない。
やっぱりTimelineかなあ、その系統でもちっといいのも出ないかなあ。

コメントを残す