【飯シリーズ】濃いめの家系とは知らずに入った…-まるげんラーメン 久里浜本店

https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140601/14012393/

地元久里浜にあるラーメン屋です。久里浜は、昔ながらの商店街がまだあってさすがにシャッター商店街となりつつありますが、現役のお店が結構あります。

そして、その中でも新しめのお店としてあるのがこの「まるげんラーメン」です。

横浜家系ラーメンの流れが多くある横須賀のラーメン屋ですが、中華そばとか、和風とかいう名前で家系を出すのはホント止めて欲しい。勘違いというか、間違えて入ってえらいめに会うことがある。今回がそれでした。

あっさり系もあるのかと和風ラーメンを頼んだのが今回。しかし、あっさりではなくて…でした。

image

最初になぜか白菜の漬け物が出てきました。これは箸休めにちょうどいいかもしれません。

image

和風ラーメン 煮玉子入り 880円

和風って、カツオブシが載っていることなんですね。確か、きたくり家も同じで和風というとカツオブシが載っていました。そういう文化なのかもしれませんけど、これで和風はいかがなものかと。あと、煮玉子はデフォルトで半分入っていて、追加すると1.5個分という事のようです。

具はカツオブシとチャーシュー、ニラ、ほうれん草と海苔が入っており、スープはかなり濃いめのトロトロスープでした。

image

麺はそれほど太くありません。一般的なチョイ太麺という程度のものですね。最近、糖質を控えているせいかラーメン一杯がものすごく多く感じられるようになりました。完食できるんかな?とか思うほどです。

image

スープは家系でも濃いめの方ですね。かなりこってりしています。醤油も強めなので、味薄めにしてもらっても良かったかもしれません。

まあ確かにこれはこれでいいんですけど、もう少し中華そば風のをこの日は入れたかったので、これは濃すぎました。単なる私の店チョイスミスなだけですね。

これならば、十八番か札幌やにしとけば良かったかなあと思いました。ただ、濃いラーメンが好きならばこれは有りだと思います。横須賀は悪っ辛の濃いラーメンばっかりで、変化がないのが残念ですね。

ごちそうさまでした。

コメントを残す