【iPad Pro】脱ツルツル感、Apple Pencil利用を想定したシートを取り付けた

Apple Pencilはただのスタイラスペンではなく、iPad Proを手帳やメモ帳にするためのアイテムとしては有能です。もちろん、対応したアプリがあるという事が前提ですが。

そのApple Pencilの弱点の一つがどうしてもガラス面で書くため、ツルツルしており紙に書くのとは別物という感じになること。当然の事ではありますが、これが意外と紙と鉛筆に変わるという点では違和感がある点です。

それを解消するためのアイテムが売られているのも事実で、私が今回買ったのもそういったものです。

image

こういったペーパーライクの保護フィルムというものが売られています。これもApple Pencilが登場したからこそ出てきたもので、今までこういうのは見かけたことがありませんでした。

さて、このシートどういうものかというと、表面がざらざらです。つまり、今までのシートはいかにつるつるな表面を維持するかという事でPETフィルムやガラスフィルムが登場してきましたが、これはそれと相反するところにあるシートです。

実際の質感を表現するのは難しいのですが、指で触っても、ざらっとした感じが残ります。なんとなくなんですけど、私の中では学生…それも小学生時代によく使われていたわら半紙のような感じに近いと思う。

今の若い人はわら半紙を知らないと思うけど、わかる人だけわかって欲しい、あのざらざら感。なので、正直指で操作するときには長く使うと指の皮が削れそうな気がします。それくらいの抵抗があるという事です。

これを使うことで、Apple PencilとiPad Proが擬似的に紙と鉛筆のように感じられるのが不思議です。それくらい引っかかりがあるんですよ。

もちろん表面はノングレアになるので、それが好みではない人にはお勧めできませんけど、私はノングレア大好きなので、これで十分です。

ただ、正直指での操作がアレなんで、パズルゲームなんかをやるには向かないかも。

好みの分かれるシートでしょうけど、もしノングレアでApple Pencilを多用する場合には是非お勧めです。ただ、汎用性は少し落ちるかもしれませんけどね(笑)

コメントを残す