【iPadケースシリーズ】スリーブケースを試してみた

  • By:
  • カテゴリー: iPad

iPad第4世代は重量が約662グラム、片手でもって使うには限界に近い重さだ。大きさも限界に近いので、立って使うには難がある。かといって、iPad miniはどうも好かない。

と言うよりは、iPad買っちゃったんでminiも買うというわけにもいかない。なので、本体はできる限り軽い状態にしておきたい。そう考えると、通称風呂蓋といわれているスマートカバーすらつけたくない。

スマートカバー自体は約140グラム程度あるようなので本体とあわせると800グラム、横持ちすると支点と作用点の問題で落としそうになる重量だ。これも立って使うな、そういう製品じゃないといわれればそれまでだ。

しかし、どうせ買ったならば有効利用したいと思うのも人間。というわけで本体は生の状態にするためにスリーブケースを使ってみることとした。

よくあるマイクロファイバーなどではなく、内側はナイロンか何かでやや固めの素材が使われている。傷を気にする人はあまりおすすめできない。

傷を気にする人はこちらの方がいいかもしれない。

内側がスエード風なので、傷が付かないだろう。価格は結構変わるので、好みに合わせてというところだろうか。私はそれほど傷を気にしないので、というよりはゴリラガラスは早々簡単に傷が付くとは思っていない。

さて、実際にいれてみよう。

さすがにあわせて作っているのでしっくりとくる。小さいポケットがついているが、まちが無いので厚みのあるものはそれほど入れられない。といっても、私は一つにまとめようと模索しているのでこんな無茶な入れ方をしている。

もしくは、キーボードはiPadと一緒にメインポケットに入れて、白い物体とスタイラスペンはサブポケットに入れて使う。こちらの方がしっくりくるし、ファスナーもちゃんと閉じることが出来るので現実的な使い方になるだろう。

白い物体に関しての詳細は次の機会に紹介するが、早い話スタンドだ。スマートカバーを使わないようにするとなると何かしらスタンドが必要だなと考えており、出来れば角度調整もそれなりに出来て、縦置きも出来ればいいなというわがままに答えてくれそうな代物だ。

また、充電器もそれほど厚くない(スタンドよりも薄い)ので、一緒に入れてしまえばふらっとどこかに出かけるときにはこれ一つでことが足りるだろう。スマホとコンビで持ち歩けば後は財布だけでいい。いや、このサブポケットならば、財布だってはいる。いいことだ。

総重量としてはノートパソコン並の重量になってしまうが、これも仕方がないことかもしれない。そもそも手軽に使うという考えではなく、腰を据えて使うのがこの手の大型タブレット端末なのだろうから。手軽にちょっと使うならば、スマホで十分だしね。

コメントはまだありません

コメントを残す

iPad
【iPad mini4カバー】スマートカバーとソフトケースに落ち着いた

毎度の事ながら、iPadを買うとカバーやケースでコレジャナイモードで色々やります。前回iPad Ai …

iPad
【iPad mini4】カバーはあまり好きでは無い私が最後に選んだ物は…。

今まで、スマートカバーだけだったり、スリーブケースだけだったりしていましたが、今回はちょっと用途が異 …

iOS
【iPad mini4】iOSの日本語入力に対する不満はやっぱり解消されない

以前からバカだとか変換がおかしいとか推測変換が邪魔くさいとか、いろいろ不満がありつつもバージョンアッ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。