【iPad Pro】ついでにといってはなんだけど、周辺機器としてApple Pencilを買っといた

iPad Proを買ったからには、買った方が良いといわれるApple Pencil。他にもキーボードカバーも良いといわれていますが、10インチを超えたらソフトウェアキーボードでもタッチしやすいこともあって、そこまで必要じゃ無いかな?と感じています。

ただ、スタイラスペンは今まで色々買ってきているので、どうせiPad ProならばApple Pencilも買ってみようと思いました。

かつてはSu-PenやJot Scriptなどを買っていましたが、こちらは汎用的なものだったりサードパーティーアプリで正確にサポートしていなかったりしていました。今回買ったApple Pencilも対応しているアプリとしていないアプリがあるので、同じような物かもしれませんがまだまだ対応アプリが増えていくんじゃ無いかなと思っています。

そんな訳で、Apple Pencilがどんなものかというと…。

単にスタイラスペンなんですけど、アップル純正の高いものです。といっても1万ちょっとです。以前買ったことがあるJot Script2 なども同じ価格帯の製品でした。なので、個人的にはそれほど高いとは感じられませんでした。Jot Script2も結構高いけど、使いやすいという奴でしたので。

開封してみます。

中身はシンプルです。ペンと少しの付属品があるだけです。Appleっぽいですね。

付属品はLightningケーブルの中継用に利用するメス-メスの物と予備のペン先がひとつです。他にはマニュアルがあるんですが、字が小さくて読めません。

こんなん読めるわけない…。さすがApple、ユーザーの事なんか考えてない(笑)

本体サイズは結構大きめです。

自宅には大きい定規が無いので、全長はわかりませんでした。それだけ長いって事です。

image

17cm以上ありますね。結構長いです。ただ、この長さですがもしかしたら標準的な鉛筆の全長に合わせてあるのかもしれません。というのも、三菱鉛筆は全長が176mmあるそうです。

https://www.mpuni.co.jp/product/category/pencil/kouhitusyosya/size.html

なので、全く削っていない鉛筆の全長に合わせるとApple Pencilはほぼ同じ長さという事になるのかもしれません。そう考えると理にかなっているのかな?でも、どう考えてもちょっと長いような気がするけど。

このApple Pencilですが、バッテリーで動作するスタイラスペンで、お尻側のキャップを外すとそのままiPadに差して充電出来るようにもなっています。初回はぶっさしてペアリングする方法です。

普通のスタイラスペンでは、手を画面の上に置いた場合に誤動作をすることが多いのですが、Apple Pencilを使うとそれが無くなります。また、アクティブスタイラスペンと言われる静電気を自発的に発生させて字を書くタイプのApple PencilやJot Scriptなどではどうしてもペン先と実際に書かれる線の位置がずれる事がほとんどですが、さすがにそれは専用のペンだけあって、補正がされていてきちっと書きたいところへ書けるという本来当然のことが出来ます。

これによって、単にメモを取るというだけでは無くて絵を描いたりするときにも重宝します。ずれないのでしっかりと書きたいところへ書けると言う事です。

なお、このApple PencilはiPad Pro専用なので、スマホなどに使おうとしても反応しません。このあたりはさすがというか、なんというか…。

筆圧感知で太さが変わるのですが、あまりガラスの上で力を多く加えるのはどうなんでしょうね。割れることは無いと思いますけど。

というわけで、こいつがあればメモから絵描きから何でもこなせる魔法の鉛筆という感じがあります。高いんですけど、それに見合うだけの価値はあると思いますね。実際に買ってそう思いました。

コメントを残す