【Surface】399ドルがおま国価格で7万弱じゃ誰も買わないって…。

新しくSurfaceのシリーズとして、今回Surface GOというものが追加されました。格安版がGOって付けるとASUSみたいな感じがしてパチもの臭がしますね(笑)

このSurface GOはCPUにPentium Gold 4415Yという今では骨董ブランドとなり、Celeronに次ぐローモデルのブランドとなっているPentiumブランドのCPUを利用しており、先日発表されたCore m3を搭載したSurface Proよりも下位モデルとして位置づけられています。

早い話、3万台で出てきた新しいiPadへの対抗という意味合いがあったのではないかと思います。アメリカ本国ではそう思わせる399ドル(約44,900円)という価格で発表されました。

しかし、そこは本国と日本の違い。 日本のマイクロソフトのやる気のなさが現れてきてしまい、日本では64,800円(税別)となってしまいました。本国に比べて20,000円近く価格差があります。

正直、Surface自身の市場を考えればかなり強気の価格だとは思います。私自身、Surface Laptopを使っていますが、安いとは思えませんでしたし、Office付ければ高くても仕方がないという考えかもしれませんが、必要の無いユーザーも結構います。

というのも、この手のガジェットを好むユーザーならば、すでにOffice 365 Soloを契約していたりするケースが多いのではないかと思います。

他のSurfaceシリーズと比べれば、かなりお安い価格帯にはなっていますが、なにせアメリカでの価格が衝撃的なのもあって、高く感じてしまいます。もちろん私も買うつもりはさらさらありません。

とはいえど、他に目を向けてみれば…富士通はAtomのタブレットが8万で売っていたり、中国メーカーがあまり参入してきていない事や、参入してきていてもおま国価格にしていたりと言う事で、お得に買うことが出来ないようになっています。

マイクロソフトが強気になるのも当然ですよね。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

日記
今年も一年が終わります。今年の総評として…

今年も一年が終わりますね。今年一年を振り返ってみて、どういう年だったか私個人の事でちょっと書いておき …

htc
【htc U12+】舌の根も乾かぬうちに買ってしまった…。

ちょっと前に、そんなにゴリゴリに使っていないのでU11で十分だよな。なんて書いていたにも関わらず、U …

Android
【htc U11】2ヶ月近く使ってみた感想

9月にU11を買ってから、早いもので2ヶ月くらい経ちます。正直、ハイスペックでありながら、使ってるこ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。