【Surface】399ドルがおま国価格で7万弱じゃ誰も買わないって…。

新しくSurfaceのシリーズとして、今回Surface GOというものが追加されました。格安版がGOって付けるとASUSみたいな感じがしてパチもの臭がしますね(笑)

このSurface GOはCPUにPentium Gold 4415Yという今では骨董ブランドとなり、Celeronに次ぐローモデルのブランドとなっているPentiumブランドのCPUを利用しており、先日発表されたCore m3を搭載したSurface Proよりも下位モデルとして位置づけられています。

早い話、3万台で出てきた新しいiPadへの対抗という意味合いがあったのではないかと思います。アメリカ本国ではそう思わせる399ドル(約44,900円)という価格で発表されました。

しかし、そこは本国と日本の違い。 日本のマイクロソフトのやる気のなさが現れてきてしまい、日本では64,800円(税別)となってしまいました。本国に比べて20,000円近く価格差があります。

正直、Surface自身の市場を考えればかなり強気の価格だとは思います。私自身、Surface Laptopを使っていますが、安いとは思えませんでしたし、Office付ければ高くても仕方がないという考えかもしれませんが、必要の無いユーザーも結構います。

というのも、この手のガジェットを好むユーザーならば、すでにOffice 365 Soloを契約していたりするケースが多いのではないかと思います。

他のSurfaceシリーズと比べれば、かなりお安い価格帯にはなっていますが、なにせアメリカでの価格が衝撃的なのもあって、高く感じてしまいます。もちろん私も買うつもりはさらさらありません。

とはいえど、他に目を向けてみれば…富士通はAtomのタブレットが8万で売っていたり、中国メーカーがあまり参入してきていない事や、参入してきていてもおま国価格にしていたりと言う事で、お得に買うことが出来ないようになっています。

マイクロソフトが強気になるのも当然ですよね。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

Mate MK31
結局、CPUを80%に抑えるとファン高速回転もしないので…元に戻した

Surface Laptop自身を持って歩く事も出てきそうなことや、やっぱりベッドサイドで使いたいな …

Surface Laptop
で、結局こんな感じになった。

液晶はDVI端子もついていますが、なぜかそちらだとリフレッシュレートがおかしいことになって表示されな …

Surface Laptop
最近、デスクトップがファン高速回転しまくってるので…。

かなり前に中古で買っていたデスクトップ、最近なんもしてない状態でもファンが高速回転したりするようにな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。