【飯シリーズ】しびれ豚丼はほんとにしびれます-酒亭じゅらく新橋店

新橋はサラリーマンの聖地とも言われているほど飲み屋が多く、そしてこれで採算が取れるのか?と思うほど安い店が多い。飲み放題が基本だったり、一杯400円以上のビールを出す居酒屋はまず潰れる。こんな土地で何年も続くのは何か特徴があるからなんだろう。

今回ランチで行ったのは酒亭じゅらくという店。向い側の博多天神にはたまに行きますがここは入った事がありませんでした。やまやで大体昼飯の足はとまっちゃいますしね。

http://r.gnavi.co.jp/g095620/

しびれ豚丼580円

なにがしびれなのか、見てわかりますね。タレは甘めで十勝豚丼に近いと思います。怪しい粉がたくさん降りかかっています。この粉がしびれの元となる山椒です。まさに山椒は小粒でぴりりと辛いって奴ですね。

このたっぷりかかった山椒が他の味をすべて潰してます。味も濃いのに山椒ばかりの味がしてかなりつらいです。カラシやワサビの辛さと違って舌が痺れます。まあ、しびれ豚丼だからそういうものなんでしょうが実は私は山椒があまり好きではありません。

メガサイズとして肉が1.6倍、ご飯が2倍のもありました。(880円)

いきなりチャレンジしなくて正解でした。ここまで山椒が強いとムリです。見てわかるようにこれでもか、って位山椒が掛かってます。

お好な人にはたまらないんでしょうかねぇ、私は別の意味でたまらんって感じでした。

ごちそうさまでした。次回があれば別の物を食べてみたいですね。

1件のコメント

コメントを残す