【飯シリーズ】じゅうはちばんなのか、おはこなのか…-十八番 久里浜

https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140601/14014234/

久里浜の駅前にはまだ昔ながらの商店街が存在しています。

 

チェーン店も中には入っていますが、全体的には個人店舗がほとんどで昭和の商店街の香りが残っています。

その中にあるのが十八番という中華料理屋さんです。確か結構前からあると思います。

ちなみに、様々なラーメンや炒め物などがあるので、ラーメン屋と言うよりは中華料理屋さんという感じですね。ようは昔ながらの中華料理屋です。

image

広東麺 750円

image

でっかい丼です。箸が横にはまるくらいの大きさです。そして、あんかけがたっぷりなので熱々です。

image

麺は細いストレート麺。熱々のスープなので早めに食べないと伸びていきます。でも、熱くて速く食えないというジレンマがあります。

今時のこだわりのラーメンとはまた違うけど、これまたおいしい。こういう素朴な味も私は大好きなんでしょうね。つくづくそう思いました。

ごちそうさまでした。

コメントを残す