【Pixel Watch】時計も開封してみる


よく考えるとPixel7してはケーブルくらいしか入ってないので、特に書く事も無いですね。なので、Watchの方を開けていきたいと思います。

その前にちょっと抱けWatchの事を書いていきたいです。
元々Android WareとしてリリースされたApple Watch対抗のAndroid系の時計ですが、Apple Watchほど流行ってはいませんでした。とはいえ、一部でとがった商品も出ており評価されている者もあります。例えばカシオが登山用モデルの時計を出してみたり、高級腕時計が出てみたりと。でも、これと言ったパンチが無くて売れていないというのが現実かもしれません。

こう言うのって、結局の所プラットホームホルダーがお手本となるような者を出して、それをお手本に各メーカーが出すというパターンになるんじゃ無いかと思うんです。そして、今回Googleが自社で出したことでこういうモデルをベースにサードパーティーが作るという事も起きるかもしれませんね。ただ、Fitbitを買収するまでこういう動きが無かったことから、迷走していたのかな?という気もしています。

私はと言うと、最初に買ったのがZenWatch2で、しばらく使っていましたが、原チャリでずっこけたときに割ってしまい破損、と言っても3年弱使ったんですけど、使いやすくて文句はありませんでした。その後、並行輸入品のHUAWEI Watchを購入しました。これも本体形状も好きで通知もくるし色々と使いやすくていいなと思って3年位使いました。しかし、このモデルは2022年夏ごろに背面の心拍計が付いた蓋が外れて、なんだと思ったら電池が膨らんできていました。

さすがに腕時計が爆発されたら困るので、そのまま廃棄としてこのPixel Wachが出るまで待とうと言うパターンでした。途中で会社の福利厚生で貰ったFitbit inspire2を使っていましたが、これはやっぱり活動計であって時計では無いという感じがします。

と言うわけで開封

さてさて開封と言ってもこちらも入っているものは少なくて、本体と充電ケーブルに説明書くらいです。今回買ったのはSIMなしモデルなので、SIMスロットありモデルだとイジェクトピンでも付いているんじゃ無いかと思います。

Apple Watchに対抗して丸いフォルムですが、デジタル表示だとあまり丸いメリット無いんじゃ無いかなと思ってます。四角はデジタル、丸形はアナログというイメージを勝手に持っています。

本体が取りにくくて結構バラバラにしちゃいましたが、短めのベルトと充電ケーブルが入っています。ベルトは標準の長さと短い者で結構違いがあって、男性だったら短い方は厳しいんじゃ無いかと思います。

この2本のベルトが付いています。一般的なベルトとは異なるようで、普通の時計に使われるベルトでは無くて専用のものになっているようです。
以前使っていたZenWatchやHUAWEI Watchはsi市販の一般的な20mmや22mmのバンドが使えていたので専用はちょっとめんどくさいなとか思いつつ、なんとなくデフォルトのやGoogleで売ってるヤツが活動計ぽいのばかりで時計っぽいバンドがないのでどこかで別物を飼うんじゃないかと思います。

使い勝手などに関してはPixel7 Proと一緒に書いていこうと思います。

, ,

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。