昔話 EPSON98互換機の挑戦

1

EPSON PC-98互換機。
かつて日本に存在した、PC-98アーキテクチャーを使用したNECのPC-9801シリーズ、その唯一の互換機メーカーであったEPSON。
今回はちょっと古いが、@tknriiiiが長年使っていて個人的に思い入れがあるEPSON98互換機について書いて行こうと思います。
やや思い出しながらなので、一部誤った表記があるかもしれませんが、ご愛敬と思ってくださいまし。

そもそもPC-98アーキテクチャーって?

ここを見に来ている人の中にはPC-9801自体をあまり知らない人も居るかもしれません。
ものすごく簡単に説明すると…
1982年から1997年頃まで、日本のパソコンの圧倒的なシェアを誇っていたのがPC-9801シリーズで、その設計の元になっているのがPC-98アーキテクチャーです。
日本語処理を高速に行うことを前提として、日本語漢字のVRAMを搭載した事などで一時期は日本のパソコンシェア90%を誇っていたこともあるというお化けアーキテクチャーです。
日本語処理に長けた日本人による日本のためのアーキテクチャーだったような気がします。
そのPC-98アーキテクチャーを解析し、独自部分を搭載して販売を開始したのがEPSON PCシリーズで、基本ベースはこのPC-98アーキテクチャーなので、一般的には98互換機と言われていました。

訴訟問題

もちろん、互換性をもつと言うことは、NECの著作権を侵害している可能性があるわけで、初期はその訴訟問題がつきまとった。
特に初期モデルでは、BIOSがNECのものをパクったとして、販売差し止めになるという事すらあった。
その後すぐにオリジナルのBIOSを搭載したモデルを開発し、1987年PC-286 model 0を発売。
売れ行きはいまいちだったが、ソフトウェアの充実によって徐々に上向き始める。
本当かどうかは知らないがこのBIOSは、最初からクリーンルーム設計(一から自社開発したもの)を事前に用意しており、著作権上「クロ」と判断された初期モデルに何故わざわざ「クロ」となるBIOSを搭載したのか、理解に苦しむといった発言がNEC開発者からあったとか。
まあ、考えてみればそうですね…わずか数日の間にクリーンルーム設計したBIOSが作れるわけでもなく、用意していたならば何でそれを使わない。
その後も訴訟問題は続くが、1987年11月に和解金をEPSONが支払うことで和解し、晴れて互換機メーカーとして出発をすることとなった。

そして、躍進

続けざまにPC-286U、PC-286Vなどを発売し、徐々にシェアを拡大。
和解が成立した頃には、月のパソコン売り上げのシェア20%をとるほどにもなった。
そもそも、NECのPCに比べて2割~3割ほど安く、性能も高いので個人ユーザーをメインに普及が進んでいき、NECもそれを黙ってみているわけにはいかなくなってしまう。
そして、NECはEPSONチェックと言われるプロテクトを施すようになった。
これは、NECが出しているソフトウェアおよびサードパーティーのソフトウェアにNEC以外のPCでは動かないようにするためのプロテクトをする事である。
といっても、EPSONも負けてはおらず、そのプロテクトを外すソフトとしてSIPと言われるパッチ集を配布していた。
これを利用することで、プロテクトを解除することが可能となっていた。
広告では、「国民機」を名乗り、互換機でありながら大胆な手法をとっていくなど、シェア拡大に躍起になっていた。
しかし、あくまでも98互換機でありNECの廉価モデルという位置づけに過ぎなかった。 
ちょうど、中嶋悟の個人スポンサーでF-1ブームに乗って多くの媒体にその名前が取り上げられるようになり、98互換機も売り上げは上々であった。
インテルの386CPUがリリースされると、高速な286であれば386は必要がないと、搭載機の発売を遅らせてシェアを落とす。
巻き返しを図り、Intel486がリリースされると、先に発売されたPC-9801FAとほぼ同価格で、PC-486GRをリリースした。
FAに搭載されていたのは486SX 16MHzであったが、GRにはそのクロックを凌駕する25MHzのCPUを搭載。
さらにFM音源なども搭載してFAと同価格帯。販売店によっては値引率がFAより高かったためにFAよりも安く、高速でなおかつFM音源まで搭載している、そんな当時としては夢のようなマシンに仕上がりました。
当然、売れないわけがありません。
たちまちベストセラーとなり、生産が追いつかない状態にまでなり、EPSONここにありを見せつけたPCとなりました。
まさに、EPSON98互換機が本家98を追い抜いた絶頂期だったといえるでしょう。

コンパック・ショックと凋落

しかし、それも長くは続きませんでした。
コンパック・ショックと言われるIBM PC/AT互換機の格安PCの登場、windowsによる機種依存の低減によって、98アーキテクチャーは窮地に立たされることになります。
そのあおりを一番受けたのは本家NECではなく、NECよりも安いというからこそ売れていたEPSON98互換機でした。
98互換機よりさらに安いIBM PC/AT互換機によって価格のアドバンテージは無くなり、それに対抗するためにNEC自身がパソコンの値下げを敢行したことから、NECより安くて早い98互換機はNECと変わらない98互換機へと変わってしまいます。
価格重視のユーザーは、PC/AT互換機へと流れていき、過去のMS-DOS遺産を持たないユーザーはわざわざ98互換機を買う必要がなくなってしまいました。
また逆に言うと、98互換機を作っていく必要もなくなってきます。
オープンな規格であるPC/AT互換機を作ればいいのです。
1995年6月、事実上の最終マシンであるPC-586RJ/RT/RS、PC-486MEがリリースされます。
まだ日本ではwindows95すら発売されていない頃です。
これらを含めて486CPUを搭載したEPSONーPCはクロックを386相当へダウンさせるスイッチがついているなど、MS-DOS環境でのゲームなどを考慮した設計がされていました。
しかし、もはや太刀打ちができないほど広まったPC/AT互換機への流れ、NECの価格戦略に対して撤退します。
1987年から数えて8年目の事でした。
その後、98互換機版windows95を最後のサポートとして発売しますが、そのグラフィックドライバのできの悪さ、なし崩しの撤退などにユーザーの不信感はあったと思います。
どうもグラフィックチップを使わずにCPUの力だけで画面を表示させていたようで、本当にひどいものでした。

その後の98互換機

2003年にNECがPC-98アーキテクチャーを捨てたあと、一部サードパーティーが互換機を出していたが、現在では486CPUの生産終了に伴い販売を終了しています。
EPSONは98互換機の生産をやめてから98/Vというソフトウェアエミュレーターを出し、対応するハードウェアも販売しています。
今では、NEC自身もPC/AT互換機互換機をレノボと合併させた会社に任せてPC事業からは事実上の撤退をしている。
今では、98アーキテクチャーを知らない人も増えてきている事でしょう。
後に当時のEPSON社長であった木村氏は「あと1年早く撤退していれば、名経営者と言われたかもしれない」と語った。
そう、あと1年早く撤退していれば、誰もあんな外れのwindows95をつかまされる人も少なかったでしょう。被害者は少なくて済んだ事でしょう。
EPSON98互換機を3台買った私は、最後のお粗末さに少々寂しさを感じていました。
同じように考えたユーザーは居たでしょう。
現在では、EPSONはプリンターメインのメーカーへなっています。
あの終焉の衝撃、私は忘れません。いつまでも。(だからこそ今更こんな事を書いているわけですし(笑)

懐かしい、、、懐かし過ぎる。。。
わたしゃ9801初代からRA21まで全部並べて喜んでました。
640×400の解像度で黒い画面に白い文字で呪文を打ち込んでました。

変わり種のCVとかもMacPlusのモロパクリだけど面白かった。

RA21なんてオンボードメモリ1.2MbだよHDDは40Mbだよ。
40Mbで宇宙空間よりも広大だと思っていたよ

1件のコメント

コメントを残す

column
WordPressの新しい投稿エディターは良さげだけど、慣れない。

Gutenbergというエディターが公開されています。 新しい投稿エディターとして、Gutenber …

column
【Surface】399ドルがおま国価格で7万弱じゃ誰も買わないって…。

新しくSurfaceのシリーズとして、今回Surface GOというものが追加されました。格安版がG …

column
iOS11になり、ドックの使い方が大きく変わってしまい困惑していた件

iOS11にした後、iPadの使い勝手が今までと大きく変わったところとして上げられるのがドック部分で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。