レーシック、視力回復への道~概略~

こんにちは、tknriiiiです。
めっきり寒くなりましたね。
皆さん、体調管理には気をつけましょう。

今回から数回に渡って実体験、レーシックのことを書いて行きたいと思います。

ここで書かれていることは、tknriiiiの実体験に基づくもので、個人差があることをお断りしておきます。

一応、レーシックってなんぞや?

視力回復のための方法で、早い話、目玉をはつってレーザーで角膜を焼いて強制的に屈折率を変えるというやや荒技のように見える事をやるのがレーシックです。
あ、はつるってのは削るとかの意味です。一般用語じゃ無いかな?土木ではよく使う用語ですが。
一般的には視力矯正は眼鏡かコンタクトレンズが一般的でしょう。
ただ、あくまで外的に補正をするのがそれらで、目玉を直接いじるのがレーシックのやり方です。
なので、眼鏡眼鏡と探したり、ケア用品を使って保存したり、毎日付け外したりという事が不要なのです。
眼鏡の煩わしさに疲れた人たちがやっており、結構な数の業者があります。

どんなことするんだ?

レーシックをしている業者のサイトには、何とかレーザーでふたを作り、何とかレーザーを照射します。
なんてかかれ方をしていますが、だいたいあの通りだと思って間違いありません。
最初、赤い光のレーザーを当てられ、フラップ…つまり目の表面を開くためのふたを作ります。
その後、そのふたをペロッと開いて違うビームを当てる。
ふたを戻して終わり。という流れです。
具体的なことは後述しますが、所要時間はものの10分程度、終わった後に目を休ませてとなるんですが、その方が長かったりします。

手術までの流れ

まず、検査と称して目玉を色々と調べます。
角膜の厚さや眼圧、形状、視力や角膜の厚さ。どこまでが役に立っているのかわかりません。
でもまあ、なんだかんだと言って手術ですから、いろいろな検査は必要なんでしょう。
終わったら、DNA検査があります。
遺伝子異常を持った人がレーシックを受けるとダメなんだそうで、それを確認するための処置という事です。
口の中をこすって、歯茎もしくは白血球などから調べるそうで、ガムやチョコを食べていたりするとちゃんと調べられないんだそうで、一連の検査前にここは注意されます。
ま、説明聞いたときには1時間前から飲食水以外は禁止と私は言われたんですけどね(笑)
検査の結果、いけそうな感じならば手術日を決めます。
やはり土日や連休は混み合うようで、平日がいけるなら平日の方が良いかもしれませんね。
ちなみに、翌日検診が必ずあるため、検査日を含めて計三日は時間が必要です。
また、一週間後、三ヶ月後の検診で二日あるので、全部で5日間は必要になります。
これは時期をずらせるので、連続で取る必要があるのは手術日と翌日検診の二日間です。

いざ、ゆかん。眼鏡なしの生活へ

手術日を決めたら後は処理されるだけです。
レーシック業者はたくさんあるし、料金もピンキリなので自分に合った…というか、強い意志を持ってプランを決めましょう。
と言うのも、元々美容整形の部類に入る業者が多いので、脅迫概念をあおったりして、高いプランで手術させようとします。
たとえは悪いかもしれませんが、包茎手術の時に、亀頭デカくするのにシリコンを入れなきゃ、いぼいぼが良いので真珠を入れた方が、長茎術をやった方がとか、色々と悪い事を吹き込んだあげく高くする。
そういうのがレーシックでもあります。
最初からこっちのプランだとこういう不利があります。というのをあおってくるので、負けない心が必要です。
まあ、あえて高いプランにしてみるのも良いかもしれませんが。

手術前日および当日は酒と目の周りのお化粧は禁止。コンタクトレンズは二週間前から禁止という制限はあります。
また、保護用眼鏡を当日と翌日、風の強い日などに付けることを勧められますが、この眼鏡はUVカット+ホコリが入りづらい形状=湿気がこもりやすいので、人に寄っては曇っちゃうかもしれませんね。
当日は検診として、前の検査と同じように当日の目の調子を確認されます。

いざ手術となると、普通は緊張するものですが、私はどちらかというと楽しんでいて、ここの記事にするに丁度良いな。とか、どんなネタにしてやろうかなんて考えてました。
術前に麻酔の点眼、目薬をさされます。
聞いてくるまで少し時間が掛かるんですけど、その間はまぶたの周りからぼんやりと感覚がなくなるので、目の乾きなども感じなくなります。
と言っても、癖で瞬きはするのでそんなに気にすることも無いでしょう。
手術が終われば、目を休めるために30分ほど座ったままで放置されます。
目をこすったり強くまぶたを閉じないようにと言われ、しばらくすると炎症を抑える目薬を刺されて最後に検診。
ふたがずれてないかを確認して帰宅できます。
混みように寄るとは思いますが、だいたい1時間~3時間程度の時間が必要です。
ただ、手術自体は10分程度ですけどね。

ざっと流れを最初にご案内しましたが、いかがでしょうか。
次回はもっと詳細をお話ししていこうと思います。

コメントを残す