【飯シリーズ】味噌ラーメンって難しいよね-松戸 そい屋

味噌は日本の調味料の中でもうまみが多い。ろくにだしを取らなくてもお湯に溶かすだけでもみそ汁に出来る。そして、多様化したラーメンにとってはこの味噌という調味料はどうも扱いづらいようだ。と言うのも、味噌自体のうまみが多いため、小細工をしてもすべて味噌にかき消されてしまう。

その味噌を工夫するのはいいが、土台となるスープも工夫が必要。むしろ、濃くしてしまえばなんとかなっている横浜家系ラーメンなんかよりよっぽど難しいと思う。まあ、家系も色々あるから十把一絡げには出来ないが。

以前に引き続き、松戸へ行ったのでまた鮨でも食おう…と思ったらなんと定休日。と言うわけで、その近くにあった味噌ラーメン専門店 そい屋へと行ってみた。イトーヨーカドーなども近くにあるが、そこまで移動するのもめんどくさかったってのが理由。

このお店、味噌ラーメン専門店と言う事で、店の名前も味噌の元となる豆(大豆)とかけ声を掛けたものだそうです。店員さんはよくある黒いシャツにハチマキ、これってなんのテンプレなんでしょうね、個人的にはあまり好きじゃありません。

で、なんかがっつりと食べたい気分(朝飯をろくに食べていなかったため)なので、一番ごっついのを食べてみました。チャーシューどーん、もやしどーん、という味噌ラーメン版の二郎みたいなやつでした。

image

かぶりつきチャーシュー麺990円

チャーシュー200グラム入りとのことでこのボリューム。チャーシューは煮豚のとろとろしたやつでなかなかうまい。その下にはもやしとねぎ、コーンがたっぷり。麺にたどり着くまで時間が掛かります。しかし、ここは二郎のような麺では無いためもたもたしているとヤバいと判断して、麺から取りかかることにしました。

image

麺はそれほど太くなく、私の好みです。

<p>もやしが重いのと、この手の樹脂箸って滑りやすくてなかなか面倒なんですよね。ちょっと汚く見えるのはすみません。味は良くも悪くも味噌ラーメンで、味噌のうまみはあるけれど、それだけで全体が終わっている感じ。もう少し工夫が欲しいなあと感じるところではありますが、仕方が無いですね。</p>  <p>飾りすぎていない味噌ラーメンというのもいい物ですよ。</p>  <p>ごちそうさまでした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。