【飯シリーズ】纏-場所がわかりづらい新橋のラーメン屋

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13156937/
新橋はサラリーマンの街とも言われていますが、いろんな店がひしめき合う戦場でも有り、生き残りをかけて様々な事が行われています。そして、評判になればそれらとはあまり関係せずひっそりと堅実に商売を続けていくことも出来る土地でもあります。

この纏というラーメン屋は本当にわかりづらいところにあります。思い起こせば、以前歩いていたときに「なんであんな所に人が並んでいるんだろう」とおもうような所でした。つまり、店があるかどうかすらわからない、そういう所です。

今回、会社の人が行ってみたいと言うので、どしゃ降りの中を行ってきました。場所は地図を見ればすぐにわかる所ですが、入口がわかりづらい。こんなところに?と思った。そんなわけで、苦労して到着した纏。カウンターしかない店内はすでに満席でした。
メインは煮干しのダシを使ったあっさり系ラーメン。店内には入った瞬間から煮干しの香りが漂っていました。で、私はと言うとメインの『平子煮干そば』ではなく、もう一つの『烏賊干鶏白湯醤油そば』を頼んでみました。烏賊が好きなので(笑)

  
烏賊干鶏白湯醤油そば850円也
具はメンマと鶏チャーシューに下足などのイカ。私の苦手な三葉が乗っています。目の前に来た途端に烏賊干の香りがします。私は平気ですが、この独特の香りは好みが別れそうです。スープはイカの香りと強めの醤油、鶏の水炊きにも似た濃い目のスープ。とても良いバランスです。麺は細く、ストレートで小麦の昧がある気がします。
なにより、烏賊って感じです。その強すぎる烏賊干の香りを三葉で穏やかにしています。鶏チャーシューはしっかりとした身でうまい。私はもの凄く気に入りました。一緒にいった会社の人はちょっと苦手かも、と言ってましたが。
で、その人が食べていたのがメインとなる煮干『平子そば』こちらもなかなか美味そうに思えました。次回はそちらもいいかなと思っています。

  
特製煮干平子そば950円也

味付け卵とチャーシューが増量されているような気がします。こちらの方が鶏の味より煮干の味が強くてこちらも好みが分かれるかなあ、という気はします。あっさり系ラーメンが好きならばいいとは思いますけど。

どちらも今のコテコテラーメンとは異なるものですが、私は好みです。ただ、何が問題かって店が狭すぎて一人か二人じゃ無いと行けない気がしています。また、軒下もほとんどないので大雨の中行くのはお勧めしません。正直なところ、風邪を引くかと思いました。次回は天気のいい時に行きたいと思います。

大変美味しゅうございました。

ごちそうさまでした。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。