【飯シリーズ】タイ料理の鶏飯は危ない葉っぱ付きでした。-ガイトーン 新橋店

会社の人からお誘いで行ったのがここ、ガイトーン。

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13179645/

最初誘われた時に「チキンライス」の店と言われており、ケチャップのあれは苦手なんだよなあとあまり気分が乗らない状態でしたが、その後ちゃんとこういう店だと言われて納得しました。

早い話、出汁で炊いたごはんでその上に蒸し鶏が載っているという、私が思っているチキンライスとは全く別の食べ物でした。これなら食べられそうです。東南アジアの料理と言うことで、米は長粒種。いわゆるタイ米を使っており日本の米のようにふっくら柔らかくと言うところは望めません。まあ、そもそもが違うんだから当然ですね。

店内はそれほど広くは無く、数分並ばなくてはいけない状態でした。並んで喰うなら別にコンビニ飯でもいいんだけどなあ、とまだ疑い深く考えていたところで店内に通されました。店先には鶏が丸のまま吊られており、このだしでご飯を炊く(あちらは煮るに近いのかな?)んだろうな。と考えつつ店内へ。

20150702_121255

ランチパスポートという割引券を利用して500円。

さらの割に中身が小さい感じで、ちょっと物足りなさを感じます。ご飯はこれと言った具が入っていないので、考えようによっては茶飯みたいな物なのかな。上に乗っている鶏肉も濃い味付けでは無く、あっさりと食べられます。東南アジアにもこういう辛くない食べ物もあるんだなあ、とか当たり前のことを感じつつ食べてみました。

味は鶏のだしで炊き込みご飯を作ったらこんな感じかな、と思う味。つまり、日本人にも結構受けそうな味という意味です。掛けるタレがあるのですが、そちらはスイートチリみたいな甘すっぱ辛い感じのタレでした。他の人は酸っぱくないと言っていましたが、私の鋭敏な酸味センサーでは酸味が感じられます。

ここまではいいことばかりを書いていますが、一つ問題があります。この問題のせいで私は東南アジアの料理が苦手であると言っても過言ではありません。それは悪魔の葉っぱ、パクチー(香菜ともいう)です。

同席した会社の方は大好きらしいのですが、なんの失敗か目の前に座っています。そしておもむろに葉っぱをちぎってスープに入れ、ご飯に入れ…。嫌いな人はわかると思うんですが、ちぎると汁が出ます。その汁の臭いが近くに蔓延します。そして、温かいスープに入れよう物ならば…。

20150702_121529

もうこれはテロです。食品テロと言っても過言ではありません。この葉っぱ、2名で一つらしいのですが、周りから好きなんでしょと追加されてこの有様。そして、大嫌いな私としては臭気に嫌気が差していました。

飯はうまかったのですが、この葉っぱだけは許せません。まあそれならこういう店に行くなと言われればそれまでなんですけどね。

おいしゅうございました。でも、パクチーだけは許さない(笑)

ごちそうさまでした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。