【飯シリーズ】「牛の家」読み方はうしのや…グレーな気がする。-牛の家 世界二号店

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14035897/

最近フランチャイズチェーン展開を開始し始めたという「牛の家」、まだ池袋とあざみ野の2カ所にしかありません。なので、チェーンと呼べるかどうかわからないような店ですね。

で、たまたま仕事で行ったので食べてみたんですが、なんというか色々と他のお店の手法を取り入れているのかなと思う部分があります。

image

店構えですが、ちょっと和風チックな感じに仕上がっています。まあよくある感じ。価格は控えめです。200グラムのロースが1250円と安い方ですね。

今回は牛ロースステーキ200グラムを食ってみました。他にもランチタイムには850円のちょっとお得なランチや、午後を考えなければニンニクステーキなんてニンニクたっぷりのもある様です。

image

牛ロースステーキ1,250円(200グラム)

ステーキといいつつも、カットステーキとなっています。別に悪くはないんですけどね、ちょっと拍子抜けです。更に付け合わせはほうれん草とコーン、右に見えている白いやつはニンニクです。鉄板で別添えのように焼いたニンニクをソースのかかった肉の上に載せて食えます。これはかなり良い。

最初、肉だけが持ってこられて、目の前でソースをかけられます。ナプキンをバリアーにしておかないと油だらけになるパターンですね。この手の方法は様々なお店で見られているのでこれといった目新しさではありません。

価格と味で勝負するおまけみたいな物でしょう。画像が煙っているのはその影響です。かなり鉄板が熱い状態でソースをかけられます。

ちなみに、ライスは小から大盛まで選べます。飯は松屋などでは見られる勝手にご飯をはかる手法ではなくて、茶碗に盛ってグラム数をはかっていました。そして、最後にごまを一降りしていました。

肉は値段の割には軟らかくて食べやすい。ソースはしょう油なども入っているちょっと和風なソース。味は濃いめです。

特段悪くない、価格を考えたら十分及第点と言える味でした。ここは客先に行く前に食べるところなのでニンニクステーキが試せないのが残念でなりませんね。なんかの機会に行ってみようかな?

ごちそうさまでした。

コメントを残す