【飯シリーズ】静かな味と表現したい清湯スープの塩ラーメン-一品香 相鉄ジョイナス店

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14003358/

塩ラーメン、清湯(チンタン)という澄んだスープを使うラーメンです。ここ一品香はタンメン発祥の店ともいわれているが、今回はあえてタンメンを外して食べてみました。

といっても、タンメンに通じる澄んだスープは好きなので、雲呑麺としよう、そうだ海老雲呑麺がいい。と言う事になり注文することにしました。

image

海老雲呑麺 850円

本当に澄んだスープの中に佇むたくさんの雲呑。中サイズのエビが1つずつ入った雲呑です。そして麺はストレートな麺。付け合わせはチンゲンサイと少々のネギのみ。シンプルイズベスト。

 

image

麺は細くてストレート、ゆで加減はやや柔らかめと思われるかもしれません。ただ、私は今の何でも固めの麺を頼む風習が好きではありません。固い麺とコシがある麺は別物なんです。また、歯触りやのどごしを考えると固ければいいというわけではありません。もっちりスルッと入る麺もいい物なんです。

今の濃すぎるラーメンになれていると味がしないなんていいそうな人がいるかもしれません。しかし、よく味わってみると薄いなんて所はまるで無くて様々な旨味を感じられます。そして、細麺との相性も良い。雲呑はつるんとしていて一気に食べられそうですが、熱くて火傷しそうになるほどです。これもまた良い。

好みが分かれそうですが、私は好きな部類ですね。近くにあった仙之助がどんどんとおかしな方向へ行ってしまったので、今後横浜のラーメンならばこっちに行こうと思います。

おいしゅうございました。

ごちそうさまでした。

コメントを残す