キーボード買っちゃいました。



この前も書いていたキーボードですが、どうにも気になって気になってしかたがないので、ついに買っちゃいました。
キーボードマニアと呼ぶなら呼んでくれ。
否定できないから認めますwwwww。
興味がない人の方が多いだろうから、続きの方で詳細を書いていきます。

今日は土曜出勤の日で、帰りにヨドバシに行って買って来ちゃいました。
値段は9450円(税込み)にポイント10%還元となっていた。
直販サイトでも同じ値段で、ポイントがつかないうちの近くにあるピーシーデポでも同じ価格だった。
少し使ってみての感想は、軽いキータッチとクリック感はあるんだけど、メカニカルキーボードほどうるさくもなく、キーストロークが長いが、
実際にはほんの少しだけ押し込むだけで(公式サイトによれば2mmが接点位置)反応がある。そして、柔らかい感触であるため、
疲れにくい気がする。
一般的なメカニカルキーボードって、抵抗があって、打ち込む瞬間に心地良いクリック感があるんだけど、その分力を入れないといけないので、
同じメカニカルキーボードといってもこういうのもあるんだなあと実感した。
大きなスペースバーも特徴の一つで、よく使うキーだけに押しやすい位置にあるのがとても良い感じ。
ローマ字入力をしていると、どうしても変換の際にスペースバーを多く使う。
今売られているキーボードは、どうしてもWindowsキーやメニューキーなどの関係上、スペースバーが小さく収まっている。
それが気に入らないとずーっと思ってるんだけど、このキーボードはその二つのキーがあるにも関わらず、適度な大きさを保っている。

配置は、キーボードの中心に位置している。(これはカーソルやテンキーを除いた配置の意味です。)
そのため、素直にというか、自然とスペースを押すこともできる。
あと、日本語…というか、かなが書かれていないモデルを買ったので、全体的にキーがすっきりした感触が得られる。
これは、単に好みの問題で、どうせかな入力はしないからどちらでも良かった。
見た目がちょっと良い感じかな?と思ってこっちにしただけで、かなが書かれているモデルも売っていた。
無変換と変換キーも変なマークになっているし、半角/全角キーもE/Jと書いてある。

使っていて思うのは、軽いタッチで押せると言うことから疲れにくいかなと感じている。
買ってから数時間いろいろとキーを打ってきたけど、特に小指への負担が今までと大きく違う。
というのも、私の指はややおかしくて小指が短い。
普通の人だと5本指をそろえたときに薬指の第1関節より小指が長いのが一般的だと思うが、
私の指は第2関節と第1関節の真ん中あたりまでの長さしかない。
そして、力も入りづらい。これは遺伝なのかどうかはわからないが、昔からこういう手をしている。
そのため、Enterキーを押す場合や左手のシフトキーを使うときも多くの力を使うことが多く、何となく指が痛くなったり疲れたりしていた。

それが無くなったとは言わないが、かなり軽減され、楽にキー入力ができているような感覚に襲われる。
また、マルチメディアキーボードなどと違い、余計なキーがついていないことから、キーピッチも余裕があり、
打ち間違えによるテクノストレスも若干だが、下がっているような気がする。
こういった軽いタッチのキーボードは昔からあり、一部の人には有名なHHKBなんかもこういった感触のキーボードだ。

今もこのブログを書いているのはその新しいキーボードだが、なんだかとても気に入ってしまって、
もう一つ買って会社で使おうかと考えていたりwwww



コメント (2)
  1. 満足○ より:

    趣味は、キーボードを買うことですか?w

  2. tknr より:

    もう趣味に近いねwww
    へたしたらHHKBとかRealtouchまで買っちゃうかもwww

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。