【飯シリーズ】たまにはエビでも食わなけりゃ~品川プリンスホテル 味街道53次 小田原

http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/restaurant/53/odawara/lunch/

と言うわけで、普段食べないような天丼を食べてきました。たまたま仕事で品川に行ったんですが、なぜかここで食うことに…。いいんですけどね。

オンラインのメニューには載っていませんので、名前を忘れちゃいましたが、なんかエビ一杯の天丼を食いました。日本の天ぷら、天丼の華はエビでしょうしね。ちょっと調べてみましたが、天ぷらは江戸前の魚や野菜を揚げることが多かったようで、かつては芝エビも江戸前だったようですしね。

image

カニみたいと言われたりクモみたいと言われたり散々な天丼です。1300円+サービス料10%取られました…。

小ぶりながらもしまった感じのエビが8本、それにサラダと漬物、お味噌汁です。手前にある器は食べにくいときにはそっちに天ぷらを移してね。といわれました。って事は、そのまま天ぷら定食にしてもいいんじゃ無いの?とは思いましたが…。

真ん中の白いのはタレが入っていて、ご飯にはタレが付いているが天ぷらにはタレが掛かっていない。自分でお好きなように掛けて食べろって事でしょうね。あと、半熟卵の天ぷらと大葉(しその葉)が付いてました。大葉はなんの味もしないほどカリカリに揚げられており、クリスプな感触を好む外国人向けなのかなあという印象。

卓上には粗塩とカレー塩が置いてあり、タレ以外にも味が楽しめます。サラダは最初なんでこんなにマヨネーズかかってんだ?と思ったら豆腐だったというそんな勘違い誰がするんだという勘違いをしましたが…。

エビは小ぶりと行っても結構大きくて、衣もそんなに厚くない。底上げしていないのでうまい。タレは少し薄めの味付けになっており、私は結構好みでしたが、物足りないと感じる人もいると思います。

半熟卵は持った瞬間イヤな予感がしたので後回し(絶対やけどするって思った)にして、がつがつ食べて行くもなかなか減らない。と言うより、天ぷらとご飯の量が明らかに異なっており、やっぱり天ぷらを食べるためのおまけの飯と思った。まあ、飯もうまかったので不満は無いんだけどね。

うまかったけど、これが約1500円と考えると…別のものを食べた方がいいんじゃ無いかなあなんて考えたりしちゃいます。でも、落ち着いてゆっくり食えたので満足です。

おいしゅうございました。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。