【スタイラスペン】格安の割になめらか-aibow

初めて目にした物でした。今まで多くのスタイラスペンを利用したが、私の使い方だとペン先が細いという点よりもなめらかに書ければそれでいい。と思うようになりました。その時、Su-Penはやはりいいが、ペン先が堅くなり耐久性は向上したかもしれないが私の好みから少しはずれています。第2世代位のSu-Penが好みで、ペン先がシリコン+繊維が良かった。

似た物はないか。

単なるシリコンでできているスタイラスペンではなく、特種繊維だとなめらかになる。ならば、そういう作りで言い物ならば逆に私にあったペンになりそうだと考え、Amazonで色々と探してみた。

結果、見つけたのがaibowと言う今まで知らなかったメーカーの品です。ペン3本にペン先6個で1400円程度とかなり格安です。ペン軸は下町職人のものでもなく、軽く質素な作りです。普段使いならばこんな軸で十分ですね。ただ、色がハデなのが1,000円以下になってましたがちょっと…と思い高いけど無難な色のにしました、ピンクとか赤は勘弁してですし。パッと見た目はこのペン先、Su-Penの古いタイプに似てるな。という印象。

って事はいけるんじゃ?

古いSu-Penにある特徴として、触れただけでは反応しないことがあるという点や、押し込んだ時にある程度の柔らかさと弾力があること。Su-Penも発売当初は試行錯誤していて何度かペン先が変わり、耐久性などの問題から今のモデルになったのでこのペンも今後変化があるかもしれないけど、とりあえず今のところは私が好む感触になっています。

まだ購入したばかりなので耐久性についてはまだ未知数です。この点についてはSu-Penでも散々経験してきたのですが、このaibowに関してはペン先が10個で1,000円程度とかなり安い。だからこそ多少は耐久性に劣っても仕方がないと思っています。

総評:なかなかいいかも

もともと求めていたものが昔のSu-Penというところから、感触は満足しています。ただ、コレジャナイ病が出てしまうと違うものを探すのかもしれませんが。当面のところ、替芯も買っちゃったんでしばらく使い続けるかなと思っています。

ちなみに、Su-Penと同様に先の細いペン先もあるのですが、こちらは反応がイマイチとの評価がされていました。Su-Penもそんな評価が一時期多かったので、やはり静電気を体から取るタイプはペン先の大きさに限界があるんだろうなあ、と実感しています。

アクティブスタイラスペンもいろいろ問題があるし、その辺は後発のMicrosoft surfaceがデジタイザーペンでなんとなく解決してくれそうな気もしていますが。

コメントはまだありません

コメントを残す

iOS
【iPad mini4】iPad Airでは気にならなかった拡大禁止もminiだと気になるので対策を

iPad Airの頃は画面サイズが10インチと大きく、それなりに文字サイズも大きいので気になりません …

gadget
【DG-D08IWB購入記】利用中ストアアプリご紹介

汎用性の高さからいうと、どう考えてもwindows8.1の方が高いのですが、いざタブレットで使うとな …

gadget
【PC周辺機器】やっぱりキーボードはRealForceがいいね

東プレが誇るキーボード、Realforceシリーズ。軽い力でも入力が可能で、何せ打ちやすいというか、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。