たまには直筆、FRIXIONボールペン

frixion

几帳面、私はそんな言葉とは無縁の人間だ。
ノートに何かを書き留めると言うこともほとんどしない人間だし、字が汚いので書くことが嫌いだ。
そんな私だが、このサイトに文章を上げるようになってからと言うもの、殴り書きを一度見直すためにも、一度ノートに文章を書き、それをPCに書き起こす事にした。

二度手間になってしまうかもしれないが、文章構成という意味でもとても良いことだと思っている。
しかし、ノートに一度書くと言っても、ワープロ人間。誤字脱字も尋常ではない。
かといって、シャーペンと消しゴムは消しくずがゴミになることなどから少々あんばいが悪い。
そこで、購入したのが消せるペン、FRIXIONボールペンだ。
このボールペンは特殊なインクを使用しており、ペンの後ろについているラバーを使用すると、インクが消える。
温度が60度を超えても色が消えるようになっている。古い人であれば一度は行ったことはある「あぶり出し」の逆というわけだ。
以前に蛍光ペンで同じものを買ったことがあるのだが、今回はボールペンだ。
これが意外と使いやすい。
太さがいろいろある、0.4mm、0.5mm、0.7mm、1mmがあるが、今回私が買ったのは0.7mmのものを買ってきた。
よく使っているペンも0.7mmなので、ちょうど良い太さだ。
ただ、インクの濃さが一般的なペンよりも薄くなっており、見比べると明らかに濃さが違う。
(画像はこの記事の元になるメモだ)
image
ゼブラ社のSARASAというジェルボールペンとの比較だ。
このジェルボールペンは、濃いめなので、極端な比較になるかもしれないが、見た目ですでに濃さが全く違うのがわかるだろう。
メモ書きに使う程度であれば、この濃さの違いはさして気にならない。
ただ、消すことができると言うことで、重要書類に利用できなかったり、宛名書きにも利用できなかったりする。
60度を超えるという環境はあまりないと思うが、機械を通るときにはかなり高温になるだろう。
なので、宛名書きには利用するなと言うこともあるのかもしれない。

このシリーズは替え芯も売られているため、ケースをそのまま利用し、中身だけを入れ替える事ができる。
メモ書きに使うペンが少し使い勝手が良ければなあ、と思った人はお勧めだ。
ただ、一つ欠点があるとすれば…ほかのペンと一緒に置いておくと、重要書類(たとえば履歴書など)に間違って使うことがあるかもしれないというところがある。
これは気をつけるしかないんだが、うっかりミスが発生することもあるだろうから注意しよう。

image
FRIXION ボールペン
標準価格:230円
替え芯:3本入り 300円
(ともに税別)

「たまには直筆、FRIXIONボールペン」への1件のフィードバック

コメントを残す