Note Anytimeがメジャーバージョンアップしました。

今回のアップデートはインタ-フェイスの変更、そして個人的に待っていたテキストの外部出力機能など、大きな進化を遂げています。ではまず変化した編集画面を見てみましょう。

全体的にのっぺりとしたiOS7風の画面になっています。ここでわかるのは画面上の方にタブができています。元々ページを切替して使うNote Anytimeなのですが、今回から複数のノートをタブで切替して利用できます。個人的にはあまり使うことはなさそうですが、利便性は確実にあがるでしょう。

次に全画面モードが廃止されました。というか、あるのかもしれませんがどこに消えたかわかりません。と、調べてみたら見つけました。カスタマイズが可能なんですね。これも新しい機能ですね。

また、全画面モードでも拡大するやつが利用可能になりました。この機能は欲しいと思っていて、Share Anytimeのお試しノートでつけてくれたら嬉しいなとか勝手なことを書いたりしていました。

これで完全に7Notesはいらない子になってしまいましたね。

他にも様々なアップデートが行われている新しいNote Anytime、1回では全てを語れない気がしたので、数回に分けて新しい使い勝手をレビューしたいと思います。

コメントを残す