【OMEN17 17-cb1001TX】ではベンチマークを



ベンチマークでも載せます。今回はいつものCrystal Mark2004R7とChinebench、PCMark10をやってみたいと思います。過去分はこちらを見比べて貰うとわかりやすいと思います。

最初はCrystal Markから。

まあ、これ自身はかなり前に設計されたベンチマークなんで参考になるかどうかもわかりません。ただ、一応ちゃんと動いているので比較対象として載せます。

CrystalMark Result

Display Mode : 1920 x 1080 32bit (ClearType)

CrystalMark : 638727

[ ALU ] 190677
Fibonacci : 63728
Napierian : 48212
Eratosthenes : 35393
QuickSort : 43322
[ FPU ] 152339
MikoFPU : 23730
RandMeanSS : 71473
FFT : 39667
Mandelbrot : 17447
[ MEM ] 107545
Read : 36750.08 MB/s ( 36750)
Write : 13346.46 MB/s ( 13346)
Read/Write : 13422.30 MB/s ( 13422)
Cache : 440056.17 MB/s ( 44005)
[ HDD ] 86794
Read : 2698.02 MB/s ( 18990)
Write : 2539.35 MB/s ( 18196)
RandomRead512K : 1687.84 MB/s ( 13939)
RandomWrite512K : 2291.36 MB/s ( 16956)
RandomRead 64K : 501.06 MB/s ( 8005)
RandomWrite 64K : 1041.68 MB/s ( 10708)
[ GDI ] 22378
Text : 10591
Square : 1482
Circle : 4537
BitBlt : 5768
[ D2D ] 24661
Sprite 10 : 628.47 FPS ( 62)
Sprite 100 : 600.67 FPS ( 600)
Sprite 500 : 488.10 FPS ( 2440)
Sprite 1000 : 401.63 FPS ( 4016)
Sprite 5000 : 161.47 FPS ( 8073)
Sprite 10000 : 94.70 FPS ( 9470)
[ OGL ] 54333
Scene 1 Score : 21515
Lines (x1000) : (4534299)
Scene 1 CPUs : ( 512)
Scene 2 Score : 32818
Polygons(x1000) : (2537766)
Scene 2 CPUs : ( 1024)

数値としては、W890から10万くらい上がっています。CPUが順当に上がっているところとHDDが倍以上早くなっています。同じSSDなんですけど、こちらはRAID 0で組まれているのでその分早いのかもしれません。あと、W890はウェスタン・デジタルのSSDでこちらOMEN17はSamsungのSSDを利用しています。型番を調べたらPassMarkでは結構な違いが出ていましたんで、そこら辺が違うんでしょうね。

グラフィック周りについては、D2DまではW890はIntelのグラフィックで動いてOGLだけがGTX16500で動いてたっぽいんですが、こちらはすべてGTX2070で動いていたのでD2Dで大きな違いがでたんじゃないかと勝手に思っています。と言うのもOMEN 17はグラフィックスに関してはIntel UHDを完全に無視しており、デバイスとして出てこない状態です。すべてnVIDIAのボードで動いています。設定をプチプチやったW890と比べてなんもしなくていいのは楽だなと感じています。

Chinebenchを試してみる

正直、こちらは世代が変わっていますがコア数が変わっていないしスレッド数も変わっていないのでそんなに差が出るとは思っていません。

思ったより差が出ました。9750Hが2500くらいなんで2700くらいかと思ったらもっと差がついていてちょっとビックリです。単に第10世代という話だけではなくて、それなりによくなったって事なんでしょうね。まあ、ベンチマークで測るべくもなく9750Hでも全然普段の用途としては問題がなかったんですけどね。

PCMark 10

PCMark 10はW890も載せてなかったのでそれも載せます。

まずはW890から。

気をつけて貰いたいのが、このベンチマークはグラフィックボードは内蔵のIntel HD630で動いていたというところです。コレだと、グラフィック周りのベンチマークはかなり落ちると思います。

次はOMEN17です。

まあ、差が出るのはしかたがないでしょう。結構違いがありますね。ただ、ほとんどがグラフィック周りのスコアの差のようなので、想定内です。

こんな感じで、第9世代Core iシリーズから見ても順当にアップグレードされており、比較対象がショップブランドから立ち上がったマウスコンピュータという事もあり、パーツの選定などもやや差があるのかな?という気もします。例えば、W890ではWi-Fi6対応のIntelチップはオプション扱いだが、OMENでは標準搭載でしたし、SSDもPassMarkではかなりスコアが異なっていました。メモリーはA-DATAとSK Hynixなんでまあ、違うかなです。あと、液晶パネルもOMENは144Hz駆動しますから残像がもちろん少なくなります。

エントリー向けゲーミングPCとミドルハイ向けゲーミングPCですから、違いが出てくるのは当たり前でしょうが、結構違うもんだなあと感じた結果でした。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。