genius Barで起きたちょっとだけイラッとした出来事

先日、iPad Airのサイドキー(ミュートや画面ロックに使うやつ)が調子悪くて切り替えが聞かない事が多々あった。そのため、修理にGenius Barへと行ってきた。本体の温度が上がるとドット抜けをするところも出てきていたのも理由の一つ。

そこで起きたほんとに些細なこと、ちょっとだけイラッとした事(笑)

Genius Barは手厚く対応をしてくれる。そして、外国人スタッフもいて色々と対応はいい。どこぞのAndroidの修理とは比べものにならない。不具合の現象が確認出来ればあっさりと本体交換、バックアップを戻せばすぐに使えるようにしてもらえる。

この対応は正直他社でも見習って欲しいね。なにせ、ぶっ壊して修理終わりましたと戻してくるキャリア(メーカー)もあるんですし

今回は現場では現象が出なくて、予防交換と言うことで対応も可能だけどどうします?と言われ、また来るのもめんどくさいので可能ならお願いします。と、あっさりと対応してもらった。その交換中の出来事。Genius Barの担当を仮にGとしましょう。

G「iPad Air便利っすよね」(なぜかため口、まあ最初からため口だったんだけど)

俺「(何でこいつため口なんだろ)議事録付けたりするにはいいんだけど、何せ漢字変換がおばかちゃんでさw」

G「あー、漢字変換システムって大変らしいっすからねえ」

俺「3rdパーティーのを使えるようにすればすべて解決なのにねw」

G「いや、漢字変換がだめなら英語で議事録つければいいんじゃないっすか」

俺「(何で日本語環境あるのにwww)いや、俺英語できないしw」

G「ああ、そうなんすかww」

とまあ、こんな感じ。英語出来ないのを見下す態度は論外として、日本語がだめなら英語でって、おまえはマリーアントワネットかよwおまえの第一言語はなんだ、英語なのか?w

こちとら製造業や土建業などの人たちとも仕事してんだよw英語で議事録って舐めてんのか言われるだけだ。と思ったんですけど、温厚な私。そこはぐっと堪えつつ交換を済ませて帰りました。

この日はちょうどゲリラ豪雨が降ったりしていて気分が良くなかったのもありますが、そんな日もあるでしょうと雨の中傘も差さずに帰宅(単に傘を持ってなかっただけw)

確かに色々使えるiPadですけど、正直言って手書き以外に使うためにはちょっと不便な点が多すぎます。Androidでもおんなじ事が出来るようになっている昨今、わざわざこれじゃなければ!という点もなくなっています。

また、少々重いことを我慢すればSurface Pro3がもうすぐリリースされます。あちらはWindows環境をフルに使える端末です。変な制限なんてない。本来は比べる対象がSurfaceRTの方かもしれませんが、価格帯を考えるとProと大差が無いのがiPad。

日本以外じゃシェアも低迷していく一方で、このまま俺様主義を続けていけるのでしょうかね。

私も今回のこともあり、次はもう買わない。買うならばAndroidタブかSurfaceだな。と感じるようになりましたわ。

コメントはまだありません

コメントを残す

column
WordPressの新しい投稿エディターは良さげだけど、慣れない。

Gutenbergというエディターが公開されています。 新しい投稿エディターとして、Gutenber …

column
【Surface】399ドルがおま国価格で7万弱じゃ誰も買わないって…。

新しくSurfaceのシリーズとして、今回Surface GOというものが追加されました。格安版がG …

Apple
これって結局は今の方針は変えません。バッテリー交換しないやつなんてシラネって事ですよね。

Appleが古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。