Office 365 Soloを使ってみました。


日本でも始まった個人向けOffice 365、何があるかわからないので、とりあえず月額にて契約をしてみました。年間契約よりも割高にはなりますが、まあそれも一興って事で。

Office群に関しては今更言うまでも無く、現在はバージョンが2013として提供されています。正直、Officeはバージョンの古い物を使い続ける意味がわかりません。マクロやスクリプトで色々と作り込んでいるのであれば仕方がありませんが、単にワードを使うとか、Excelを使うと言うことであれば新しいバージョンでいいのではないでしょうか。

オンラインストレージとして1TBが付いてきます、今までは

10月の発表にて、日本でもOffice 365を利用しているユーザーに対して容量無制限のオンラインストレージ OneDriveが付いてくることになりました。1TBでもたいしたもんだなと思っていましたが、さらに無制限となれば使わない手はありません。私のメインマシンに付いているハードディスクドライブは容量が1TBです。それにシステム用として128GBのSSDをつけています。データとしてはたかだか500GB程度なので、オンラインストレージに丸ごと入れてしまうことだって可能です。データロストの心配が全くないわけではありませんが、大容量化が進むにつれて信頼性が無ければ利用者が増えないことは間違いありません。

性善論を唱える訳ではありませんが、一定の信頼を置かない限り契約はできません。また、PCのリカバリ時に発生しがちなデータロストを防ぐことも可能です。

オフィススイートを家で使うならばいいかも

オンラインストレージの無制限化だけではなく、最新オフィススイートを利用できる事、そして何より「商用利用可」という所も評価できる。(早い話、仕事を家に持って帰る人でもライセンス違反にならない。(他国の個人向けライセンスは安い代わりに仕事など金が絡む事に利用してはいけないライセンスとなっている)

社畜が多い日本ならではのライセンスと言えますね。何かチラシなどを作って配布もOneDrive経由で簡単に行えますし、私のように無謀にも自分の情報をすべてOneDriveに載せてしまうのもよし。様々な使い方が出来る、まさに「一番おとくなOffice」かもしれません。

コメントはまだありません

コメントを残す

column
WordPressの新しい投稿エディターは良さげだけど、慣れない。

Gutenbergというエディターが公開されています。 新しい投稿エディターとして、Gutenber …

column
【Surface】399ドルがおま国価格で7万弱じゃ誰も買わないって…。

新しくSurfaceのシリーズとして、今回Surface GOというものが追加されました。格安版がG …

column
iOS11になり、ドックの使い方が大きく変わってしまい困惑していた件

iOS11にした後、iPadの使い勝手が今までと大きく変わったところとして上げられるのがドック部分で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。