【iPad mini 4】iOS10にしてから、Bluetoothキーボードでの英語切り替えが楽に

今まではctrl+spaceで変換モードを切り替えていました。

これが、マルチリンガルタイピングの機能のおかげなのか、CapsLockのみで切り替えが可能になりました。ただし、これは日本語ローマ字とEnglishや、日本語-かなとEnglishとの切り替えでしか利用できません。むしろ、キーボードにEnglishが入っていなくても英語入力が可能になっています。

これによって、英数字の入力と日本語の入力を切り替える際には、かなり楽な入力となりました。ソフトウェアキーボードでは英語との切り替えは結構簡単でしたが、Bluetoothキーボードでの場合には前述のcurl+spaceではなく、一回だけCapsLockを押すだけで良くなったのでいい感じです。

ただ、やっぱりサードパーティ製キーボードへのBluetoothキーボード解放はされなかったので、これは大きな不満が残りますね。なんだかんだとATOKなどで入力をしたいと思うので。

PC-9801時代からずっとATOKを使ってきた人間としては、ここだけは改善してほしいなと未だに思っています。

コメントはまだありません

コメントを残す

column
iOS11になり、ドックの使い方が大きく変わってしまい困惑していた件

iOS11にした後、iPadの使い勝手が今までと大きく変わったところとして上げられるのがドック部分で …

iPad
【iPad mini4カバー】スマートカバーとソフトケースに落ち着いた

毎度の事ながら、iPadを買うとカバーやケースでコレジャナイモードで色々やります。前回iPad Ai …

column
【iPad mini 4】脱スマホへ向けて私がしていること

以前からiPad Airを使っていましたが、でかくてあくまでもタブレットという使い方しかしていません …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。