中途半端だったサードパーティーIME開放、ハードウェアキーボードは利用不可

iOS8の新機能のひとつとしてサードパーティーにキーボード、日本で言うならばIMEを開放することが決まり、各社が色々出し始めました。しかし、どうやらこの解放も中途半端な物で開放で終わってしまったようです。

と言うのも、iOSの仕様上、現時点では外部ハードウェアからサードパーティ製ソフトウェアキーボードを制御できない。何で使えないんだろうと色々見てみたんですが、結論として

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1409/18/news177.html

ここに書かれているように、ハードウェアキーボードでは利用不可と言うことだ。ほんと、Appleらしいというか、中途半端というか。やはりやりたくないけど仕方が無くやりました。という感じです。

ATOKは買いましたが、コレではメインで利用するのはやはりmazecになりそうです。だって、ハードウェアキーボードとATOKならばいいけど、ソフトキーボードは使いにくいし。

コメントはまだありません

コメントを残す

column
iOS11になり、ドックの使い方が大きく変わってしまい困惑していた件

iOS11にした後、iPadの使い勝手が今までと大きく変わったところとして上げられるのがドック部分で …

iOS
【iPad mini 4】iOS10にしてから、Bluetoothキーボードでの英語切り替えが楽に

今まではctrl+spaceで変換モードを切り替えていました。 関連

iPad_App
【iPadアプリ】帰ってきた7notesは期待外れもいいとこでした。

約1年半に更新が無くなっていた7notes。出た当初こそ手書き入力と交ぜ合わせ入力が可能だったmaz …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。